検 索
電話:0596-28-6035
営業時間:9:30~18:30(日祝日は18:00まで)
定休日:水曜日(お電話いただければ対応いたします)

ご契約の流れ

ご契約の流れ

物件の問い合せ
まずはご来店、お電話、メールで物件をお問合せ下さい。物件の説明と資料や地図をお渡しさせて頂きます。また、メールやFAX、ご郵送でも可能です。
物件の確認(建物の場合は内覧)
お渡ししました資料と地図を基に、物件を確認して頂きます。事前にご連絡頂けましたら現地での説明もさせて頂きます。
買付証明書を提出
購入希望の物件が見つかったら、当社と条件の確認や交渉を行います。売主様に直接の確認交渉では無く、当社を介して行わせて頂きます。
条件等の確認、交渉が終われば買付証明書に必要事項を記入します。この書面にはご住所、お名前等々を記載頂きます。
また、この書類は購入意思を明確にするためのものです。事前の条件確認や交渉した内容をこの書面に明記するようにしています。
※場合によって、条件等の交渉と買付証明書の提出が前後する場合もございます。
売渡承諾書を受領
買主からの買付証明書に対し、売主からの承諾の意味で売渡承諾書を受領します。ただし売渡承諾書の交付は省略される場合もあります。
重要事項の説明
購入予定物件の詳細等について、宅地建物取引士から重要事項説明書を交付しその説明を受けます。
売買契約の締結
説明された物件の内容や契約条件を確認しましたら、売買契約書に署名捺印をし、売主に対して手付金を支払います。この時点で売買契約が成立となります。
住宅ローンの申し込み
売買契約締結後、金融機関に住宅ローンの申し込みを行います。多くの場合は土地購入や建物建築の資金や諸経費を合わせた金額を申請します。審査の承認後、金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。また売買契約書の条項に「融資利用の場合の特約」が盛りこまれています。これは住宅ローンが指定期日までに承認されなかった場合に契約を解除し、契約を白紙にすることができるという内容となります。※現金で購入をされる方はこの項目は必要ありません。
残金決済、物件のお引渡し
売買代金の残金(売買金額から手付金を差し引いた金額)を支払います。この残金決済によって購入した物件の所有権が買主へ移転します。 残金決済と同時に、司法書士に対しての所有権移転登記申請の手続き、売主との間で諸費用(固定資産税・都市計画税など)の清算をします。また司法書士への費用、媒介業者へ手数料の支払いなどもこの際に行います。
以上で取引完了となります。
準備中です
お問い合わせフォーム 会社概要